イメージ
Home > 各種情報 > 調査研究委嘱事業報告書 > 平成24年度 報告書

平成24年度 報告書

研究テーマ

「被災地復興と女性の参画に係る調査研究:被災地女性の生活実態の解明から」

表紙・目次

1.研究概要

2.調査メンバー

3.調査日程

4.分析

仮設住宅入居者生活状況:岩手県陸前高田市を事例に
  1. 居住地に津波が来ることの認識
  2. 生活復興に要する時間
  3. 避難のきっかけ
  4. 津波から避難できた理由
  5. 求める支援の内容
  6. 仮設住宅の住み心地
  7. 心を開いて話すことができる人
  8. 食欲
  9. 体重
  10. 足腰の衰え
4.2聞き取り調査結果
  1. 避難所での生活状況:広田小学校仮設住宅入居者
  2. 福島原発自主避難母子世帯
  3. 被災者支援団体:東日本大震災女性支援ネットワーク
  4. 女性による村おこし:新潟県山古志村

5.まとめ:災害強い地域社会をめざして

減災社会とは
女性の参加から考える減災社会に向けた6つの視点
  1. 女性の意見が反映する避難所・仮設住宅運営、復旧・復興まちづくり
  2. 女性の地区防災担当者の配置
  3. 防災担当部局、防災委員の女性比率の向上
  4. 広域避難を想定した対応の充実
  5. 避難所としての大学機能の強化
  6. 防災の視点からの教育の充実

参考文献

Page Top