イメージ
Home > 各種情報 > 調査研究委嘱事業報告書 > 平成22年度 報告書

平成22年度 報告書

財団法人いしかわ女性基金では、女性の社会参画の推進、女性問題の解決そして男女共同参画の推進の一助とすべく 平成12、17、22年度に石川県が実施した「男女共同参画に関する県民意識調査」調査結果について3調査年度にわたって調査がなされた22項目・3テーマについての意識の変化の研究を次のとおり行いました。

研究テーマ

「石川県男女共同参画に関する県民意識調査」調査結果にみる意識の変化について

分析項目 目次

分析項目

  • 男女の地位の平等について
  • 家庭における役割について
  • 「男は仕事、女は家庭」という考え方について
  • 子どもの教育方針について
  • 子どもの進学について
  • 自分の介護を誰に望むのかについて
  • 結婚観について
  • 離婚観について
  • 少子化の原因について
テーマⅠ 「女性の職業と社会進出」
  • 職場での男女平等について
  • 女性が働き続けるうえでの障害について
  • 女性の再就職に必要なことについて
  • 男女が共に仕事と家庭を両立していくために必要なことについて
  • 団体・グループでの仕事以外の活動について
  • 社会的活動に参加していない理由について
  • 指導的立場に女性が少ない理由について
  • 女性の人権が尊重されていないと思うことについて
テーマⅡ「ドメスティクバイオレンス」について
  • メディアにおける性・暴力表現について
  • 相談しなかった理由について
  • 女性に対する暴力をなくすためにはどうしたらよいのかについて
テーマⅢ「男女共同参画社会の実現に向けて」
  • 男女共同参画社会の実現のために必要なことについて
  • 男女共同参画社会の実現のために行政に対して望むことについて
執筆・監修者名簿 (所属・職位は平成23年3月31日現在のもの)

本研究において執筆・監修いただきました。厚く御礼申し上げます。

Page Top